HoloLensとは

HoloLensとはワイアレスで稼働する複合現実ソリューションを実現するヘッドセットタイプの必要なデバイスを一体型にしたホログラフィックコンピューティング です。 通常のデスクトップPCであれば、マウスとキーボードで操作をしますが、「HoloLens」ではジェスチャーと視線、音声を使って操作ができます。

Hololens利用シーン

2020年HoloLens2リリース

マイクロソフトのHoloLens 2複合現実ヘッドセットは、海外では既に発表された日本では2020年に発売予定です。HoloLens 2ヘッドセットの価格は39万円程度が予測されています。2016年に最初にリリースされたデバイスのアップグレードバージョンであり、より広い視野とより複雑なジェスチャーコントロールを備えています。

Hololens2利用イメージ

HoloLens 2は、米国、フランス、ドイツ、アイルランド、ニュージーランド、オーストラリア、および英国で出荷されています。重量が軽減したHoloLensは、より良い人間工学のための再設計を行い、視野は対角線で34度から52度に大幅に拡大しました。そして、Microsoftは全体の領域を「2倍以上」と大きく改善しました。

マイクロソフトは、元のHoloLensの「エアタップ」オプションだけでなく、本格的なジェスチャトラッキングも追加しました。手首のホログラフィックボタンをタップすると、オブジェクトをピンチしたりドラッグしたり、メニューをプルアップすることが可能です。

HoloLens 2はエンタープライズ向け、特にハンズフリーのヘッドアップディスプレイが役立つ製造業または保守、サポートで働く人々を対象としています。

HoloLens 3Dアセット運用プラットフォーム

DataMesh

DataMeshは、世界最先端のMR(複合現実)技術とデータサイエンス技術を組み合わせ、お客様に効率的な教育・トレーニング、デジタル業務支援、製品PR・展示のソリューションを提供する2014年米国シアトルにて創業したグローバル企業です。 DataMeshは 米国マイクロソフトのMRパートナーに認定されています。

日本では、2019年に NTT Docomo 5Gパートナーとして、富士通のグローバルパートナーとして協業を開始しています。
米国マイクロソフト社出身のC.E.O Jie Liは、日本、中国、東南アジア、米国をはじめとして、グローバル展開をいち早く進めてきたことから、 DataMeshはPoCからディプロイまで幅広く対応しており、これまでの知見を活かしたコンサルティング支援を得意としております。

DataMesh Director

DataMesh Director Ver3.1は、社内既存の3Dアセットを有効に活用し、インハウスで3Dモデルの運用に知見がない非エンジニアでもパワーポイントを編集する要領で簡単に3D教材の作成が可能になります。Microsoft HoloLens 2及びiPhoneやiPadといったiOSデバイスに対応しております。クラウド経由でコンテンツの管理とデバイス間の連携やシェアリングも可能です。

3Dアセット運用プラットフォーム

DataMesh Director3.1

DataMesh Director プロモーションムービー

実用事例プロモーション(HoloLens1)

商品の問合せ先

DataMesh Directorに関する件について、お気軽にお問い合わせください。こちらをクリック!